特発性過眠症と診断されて一年弱経ったので現状とか

こんにちは。ふろーです。
書こうと思いつつ忙しくて忘れていたんですが、去年1月に診断された睡眠障害についての報告と、簡単な現状報告をしてみようと思います。
覚書的な意味も兼ねてるので、読みにくかったらすいません。

特発性過眠症とは

・原因不明の眠気の発作が続く睡眠障害。
・羅漢率は不明だが、ナルコレプシーの1/10と言われてる。(ナルコレプシーは国内で500~600人に1人との事なので、結構珍しい?病気かも)
ちなみに僕の推しの榎本貴音も睡眠障害です。やったねお揃いだ!

最近困っていること

  • 集中出来ない(集中するべき状況で意識がふわふわする)
  • 過眠からくるスケジュール崩れ(遅刻)、体調不良
  • 生活サイクルの不安定化(特に大学春休みに入ったので)
  • 精神的に不安定

ざっとこんな感じです。
特に厳しいのは「集中出来ない」事で、バイト中に居眠りしたり、仕事するべきタイミングを逃して指摘される頻度が多いなーと感じます。
一応薬を飲んでなんとか修正しようとしていますが、最近限界のようなものを感じています…
この部分は今後も各方面の方に迷惑かけてしまうのかな、と考えています。その時はごめんなさい。
あとは精神的な部分です。聞いた話なので曖昧ですが、睡眠障害の患者にはナルコレプトイドという性格変化の兆候があるらしいです。
具体的には

  • 自信を失う
  • 消極的、受動的、内向的
  • 注意力の持続、物事への好奇心や執着などが苦手となる
  • 仕事や対人関係のはりあいもだんだん失われがちとなる

との事です。性格的にも昔より打たれ弱くなってる自覚はあるので、これから先こうなるのかな?とは思っています。
正直今行っているサーバー運営なりイベント主催をこの先も続けられるかというと自信はありません。
睡眠障害のせいで一日の使える時間も普通の人より短いのかな、と思って居ます。
ですが自分の大好きだったゲームのコミュニティなので、出来る範囲で貢献していきたいと思います。

最後に、3月21日に”FIVESCUP BEGINNING Season4″という大会を開催します。
精一杯盛り上げていくのでよろしくお願いします。

 

LO3脱退について(11/15追記)

こんばんは。Flowです。

11月2日を持って共同設立したコミュニティ組織「Live on Three」を脱退したので報告です。

 

前置き

まず初めに、1年近く設立から共に活動し続けたLO3のメンバーの皆さん、ありがとうございました。
LO3に参加してから協力したイベントはとても貴重な経験になりました。
LO3に参加した事も、そこでこれまで活動を続けて来た事も失敗ではないと考えています。
先々月も初めての大きな仕事のチャンスをくれたメンバーの皆や、GALLERIA様に感謝します。ありがとうございました。

 

脱退した理由

共同設立し、1年近く所属し付き合い続けた組織を離れる理由です。
詳しい事は話せませんが、LO3が様々な仕事を受け持つようになってから多数のスタッフが参加し、やる仕事も増えてきました。
ですがそれに伴い、これまでの「コミュニティ組織」としての活動が薄れ、有志がボランティアでやっていた活動が仕事のような感覚で回るようになりました。
結果として、僕が主催しLO3傘下で開いていた”FIVESCUP”も6月を最後に開催されていません。(もちろん、これについては僕の責任もあります)
また、仕事として回るようになってからメンバー間の余裕もなくなり、僕とLO3メンバー間の衝突も増えてきました。
これ以上LO3がどんなに大きくなっても、そこに僕が居る限り必ず衝突が起きると思い、脱退を決意しました。

 

これから

これまで培って来た知識を生かして、今までとは違うアプローチでコミュニティに貢献していけたらと考えています。
FIVESCUPに関しては諦めるか新たに組織を設立するか、どこかに参加して時間があれば開こうと画策中です。ですが、余り期待はしないで下さい。
大会運営や配信、サーバー運営などに関しては、CS:GOに特化した知識があるのでこの先ももしお仕事があれば何かやると思います。

 

長くなりましたが読んで頂きありがとうございました。

これからもよろしくお願いします。
Flow

11/15追記

先日CSGO JAPAN LEAGUE 宴にスタッフとして加入しました。
今後もCSGO国内シーンの活発化に向けて精一杯活動していきます。よろしくお願いします!

HLAEを使わない簡易smoothのやり方

タイトル通りです。

HLAEを使用しない代わりに機能が制限されたsmoothの代わりのコマンドを紹介します。
ここでの”SMOOTH”は、POV Smoothではなく
GOTVのdemoを使ったsmooth cameraを指します。詳しくは→Azuleat様ブログ がわかりやすいです。

基本的にSMOOTHというのはdemo観戦かHLAEで再現するものだと思われがちですが、
簡単なものならCSGO標準のコマンドで再現する事が出来ます。
またsv_cheatsも必要としないのでゲーム内観戦でも使えます。
ただし、HLAEでいうkeyframeが二つ(最初と最後)しか設定出来ません。
FOVの変化なども使えません。

まず観戦視点でsmoothを取り始めたい最初の地点に移動し、”spec_pos”と入力します。

返された赤文字をメモします。

-2272.5 -1019.6 925.1 26.8 51.2

 

次に、smoothで移動したい目標地点に移動しspec_posと入力します、

下のspec_posが移動したい地点の座標です。

 

spec_goto,spec_lerptoコマンドを使い座標から座標へ移動します。

spec_goto (最初の地点の座標);spec_lerpto (移動したい地点の座標) (秒数) (秒数)

10秒掛けて移動する例:

spec_goto -2272.5 -1019.6 925.1 26.8 51.2;spec_lerpto -1272.0 -927.4 902.9 24.6 127.7 10 10

この時秒数は2回入力して下さい。(Valve please fix?)

またダブルクオーテーション(“)を入力すると認識しない場合があるので、座標をそのまま貼り付けてください。

 

上手く行けば簡単なsmoothが再生されます。

 

FOVを40程度まで落とせばかなりそれっぽくなります。

あとは適当なcfgでHUDを書き換えて撮影しましょう。
お疲れ様でした。

[srcds]VPSについてあれこれ

Flowingです。近々試合用サーバーをVPSに移行する予定なので色々調べてます。

Linuxに詳しい知り合いの手も借りつつ、手分けしてGO鯖に向いているVPSを試しまくってみました。

サーバーに求めるスペックは以下の通り。

 

  • CPU 2コア以上、3Ghz前後 KVM
  • メモリ1gb以上
  • SSD 50gb~
  • 月1000円未満であること(月の管理費が1000円の為)
  • CSGOサーバー+demo録画,GOTVが問題無く利用出来て回線・varが安定している

 

試したVPSサービスとその特徴は以下の通りです。

 

Vultr.com 海外、英語オンリー。東京DBあり。ただし回線相性が酷く、loss10%前後出る事も…

ConoHa このはちゃんかわいいですね。今日本の鯖ではAzplex 1v1,Mohi紅白が使用しています。

何故かGO鯖中のプラグインにより負荷がかなり増減する気がします。上位プランでもラグる場合はあるそうです。

KAGOYA(KVM) 知り合いに頼ったVPS。varが50近く突破しており、MMのラグ鯖のような挙動だったそうです。

 

これから試したいと思って居るサービスです。

WebArena : 512MB~2gbプランが在庫切れ。3月下旬入荷予定とのことなので、入荷し次第試す予定。
あと、なぜか下位プランだとCentOS6までしか対応してない。

お名前.com 料金が若干高い。全く試してないので時間があれば触ってみます。

ablenet 未検証。月額が高いので試そうとは思わないかな…

 

今の時点で僕が公開して居るサーバーは全て実PC(Ryzen 1700)なんですが、

やはり他の鯖より安定しているとの意見が多い様に思えます。

 

もちろん実PC鯖だと、自分が直接触れれるのでパーツを追加したり、

HDDが大容量などの利点はあるので続けれたら続けるつもりです。

 

別のVPSも試したら追記します。

 

Alienware Store AKIBAを見てきた話(画像あり)

Flowingです。

先日秋葉原に行く用事があったので、AlienwareStore AKIBA をちょっと覗いてみました。

 

店の外観。スマホで撮影したので画質はご勘弁ください…

 

まずAlienware Store AKIBAとはなんぞや?って人のために説明すると、

Alienware直売店であり、試遊スペースを配信用スペースとして無償貸し出ししているお店です。 詳細

試遊スペースイベントなどで使用することもあるそうです。ちなみにこの情報僕は現場に行って初めて知りました。

この配信用スペースは申請さえあればニコ生などの個人配信でも使用可能だそうです。

ただし事前(2週間前まで)の予約が必須であることと、事前のリハーサルを行うこと、

そして配信者とは別にもう一人配信用スタッフがいる事を推奨しています。(ただしこれは後程紹介する設備を見れば納得すると思います)

 

 

少し中を見て思ったのは、店としては十分広いんですがイベント用スペースには狭く感じたこと。

これに関しては、この店はあくまで「店」であり、イベントを開く際も店は閉めずに営業するからだと思われます。

実際LoLのイベントを開催した際は、

机の横幅が足らずノートパソコンにディスプレイを繋いでプレイした選手も居たそうです(それでも動くAlienwareノート、強い)。

 

肝心の撮影機材ですが、お店の方より許可を頂き、配信設備を見せていただけることになりました。

ご協力いただいたAlienwere Store AKIBA様、ありがとうございました。

 

店内入って右側の壁。真ん中のモニターではTwitch放送が流れていた

 

反対側。同じくAlienware製品がずらりと並んでいる。ちなみに少し見切れているがDXRACERのゲーミングチェアが2台あった。

 

 

 

正面から見た試遊台

 

 

デスクの上には240hzモニタ、ハイスペPC1代、デスクカメラ、指向性マイクとHTC Viveがおいてあった。

PCについては質問したところCore i7-6850K,GTX980x2とのこと。

重量系ゲームの配信をスムーズに行えそうですね。

ちなみにこの時は店内のモニターでウメハラ氏の「緊急座談会!ゲームと金」を放送していました。

店員さんが流行やイベントごとに敏感なのはうれしいですね。

 

ここまで試遊台としての紹介でした。この先は配信設備メインに紹介してみます。

 

 

試遊台から見て右奥にある配信設備スペース。目立たないが2人で座るとなると少し狭そう

4系統HDMI入力のミキサー(VR-50HD+V1-HD)や、配信用PC、コメント閲覧用PC(画面左のノート)などが置いてありました。
試遊台机上、配信設備代上、天井にそれぞれSony製のカメラが設置してあるそうです。

こちらのカメラ設備も全てミキサーからUSB3.0で配信用PCに出力し、リアルタイムの合成や切り替えが出来るらしい。

OBS等の配信ソフトに入力してエフェクトを掛けることも多分出来ると思います。

また配信背景を店外のモニターに映すこともあるらしい。

 

試遊台の裏側。必要なコードはきれいに仕舞われており実作業や2人並んでも快適に画面を見る余裕がある

 

また、配信設備の一部として指向性ピンマイクを貸し出していると教えて頂いた。

前述した通りイベント開催中でも客入りは制限しない為、指向性マイクがあると便利だそうです。機会があればお借りしたいですね。

 

 

まとめ

デメリット
オフライン大会には向かない
常に営業中のため制限がある
機材の関係上2人以上で来るのがほぼ必須
事前予約必須
21時閉店(?)
ライトが高い位置にあるので顔の映りが悪い

 

メリット

豊富で高度な配信機材やハイスペックなPC・240hzモニターを無料で借りる事ができる
吊るし方カメラなどを活かしスタジオ上の実況解説の顔を映すこともできる
営業中であることを活かし店で自らのPRを行える
ある程度自分のデバイスを持ち込める
 

すでにお気づきの方といらっしゃると思いますが、

このお店は「オラフインゲーム会場」というより「オンライン大会配信」という用途に特化しています。

その為オンラインの大会を公式で配信する際の設備に適しています。

丁度僕の開く”FIVESCUP”に合致していますね。

実際まだ設備の機材についてまだ詳しく調べた訳ではないですが、かなり本格的な撮影・配信が出来るスタジオだと思います。

 

現在の”FIVESCUP”は各スタッフが一か所(大抵これもスタッフの誰かの家)に自分のデバイスを持って集まり、オンラインで済む人はオンラインでやりとりしつつ、

オフラインスタッフが配信のメイン業務に携わっていました。このため交通費やデバイス持ち込みの限度、

家を貸すスタッフへの負荷が大きいのが問題点でした。

ですが、こちらのスタジオならばその問題点が解決出来、気軽に高クオリティな配信を実現出来るとても素晴らしいスタジオだと感じます。

是非皆さん足を運んでみてください。もちろん試遊も可能ですよ!(因みに僕のお勧めはハンコンが置いてあるコーナー)

 

 

あと、次の”FIVESCUP”は1MAPだけに限定し、配信クオリティの向上を目的とした大会にする予定です。

上手く機会が合いそうだったらこちらのスタジオにお邪魔させて頂いて配信するかもしれません。

まだ詳細は未定ですが、近日大会概要も発表出来ると思います。

2018年最初の”FIVESCUP”、お楽しみにお待ちください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、1MAP大会はinfernoです。あとね、もうつぎのたいかい考えてるの(幼児退行)。すごい大会なの(語彙力)。

 

 

 

AEが動かなくてKP41になった話

お久しぶりです。しばらく更新もしないしブログも落としたままでしたが最近やっとwordpressのデータ移行が完了したので立て直しました。

 

ちょっと前に大学に受かったので、大学生活用にノートパソコンを買いました。i7-7700HQ,GTX1060です。サイズの割にマシンパワーがエグいです(今思うと通学には若干重いですが)

アキバのツクモでAdobeCCと一緒に買ったんですが、メインPCのほうだと何故かAdobeCCが落ちる落ちる。

プレビューかけるだけでOS巻き込んで落ちるので厄介でした。

 

症状

プレビュー中にAE以外のソフト(chrome,vegas,discord)が唐突に落ちる

Aviレンダラ中に””After Effects : Out of Memory (2980K requested)”と表示されエラー扱いで止まる。

RAMプレビューをするとほぼOSを巻き込んで落ちる。しかも「PCごと落ちる」といっても、画面だけ消えて電源は点いてたりメインモニタだけ消えたりなど。

 

PCスペック。

Ryzen 1700@3.4ghz/DDR4-2133 16gb/GTX1060(3gb)/SSDx1 HDDx2。

電源は玄人志向の600W、マザボはTOMAHAWK。

 

最初はメモリを疑いました。前に使ってたi5-6500からのメモリをそのまま差し替えたんで相性か故障かな?なんて思ってMemtest走らせて2pass無事通過してしまう。

次に電圧足りてないと思い1.3Vくらいまで昇圧。効果ナシ。ここでメモリは関係ないのか?と思い電源を疑い始める。

こちらもi5-6500と共に長く使ってる電源だったので寿命かなぁ…って思いつつ一応Platimaxの600W電源に差し替える(W数同じだけど)。

一瞬マシになったと思いきや結局ほぼ同じところで落ちました。落ちるまでの秒数が若干長くなったかな…程度でした。勘違いだけど。

 

多分ここまで読んだ方もわからないと思うんですが、原因は仮想メモリを0mbにしていたこと

AEがメモリを食い散らかした結果、仮想メモリが必要になるもオフにしていた為OSごと落ちていました。

昔どっかの記事で「メモリが8gb以上ある場合は仮想メモリはHDD(SSD)の無駄だし寿命縮めるからやめた方が良い」と呼んで以来ずっと切ってました。

仮想メモリを8gbまで増やしたらすぐ動くようになりましたとさ。皆さんも仮想メモリには気を付けましょう。

CS:GOムービー制作で覚えておくといい事メモ

基礎設定

ほぼ自分用メモ
HLAEの使い方,smoothの撮り方などはCreation Azltism 様の記事参照

以下の設定をmovie.cfgなど適当な名前で保存 読み出し

sv_cheats 1
net_graph 0;
cl_interpolate 1
sv_skyname vertigoblue_hdr
mat_monitorgamma 2.5
echo “cl_draw_only_deathnotices 1 to turn of huds”
echo “fov_cs_debug 105 to increase ur fov”
cl_interp 0.1
mirv_fix playerAnimState 1
echo “DO NOT FORGET TO CHANGE YOUR GRAPHIC SETTINGS!!!”
mirv_fix playerAnimState 1
bind “o” “mirv_campath add;echo ADDED CAMPATH KEY”
echo “O key to add campath”
//bind “p” “mirv_input camera”
mirv_deathmsg debug 1

キルログの非表示化とハイライト(赤枠表示)はコンソールのkillerとvictimからIDの数字を取得し書き換え

mirv_deathmsg block !(表示したいプレイヤーのID) *
mirv_deathmsg highlightId (id)
mirv_deathmsg cfg noticeLifeTime 40

録画時は以下の設定で録画し動画編集ソフトで4倍速にすれば240fps化可能

host_timescale 0.25
cl_draw_only_deathnotices 1
mirv_fov 98

 

DEMO特有のバグ対処

プレイヤーの足音が鳴らない,アニメーションバグなどが発生した場合は
Shift+F2でdemouiを表示し、”pause”→”resume”を数回繰り返すと大体治る

ラウンド最後のキルの銃声が消える場合
CSGOメニューの”観戦”からラウンドをクリックしてdemoを再生した際に発生する不具合
一度メニューに戻り、Shift+F2→Loadから直接demファイルを読み出す事で解決出来る(?)

cl_draw_only_deathnotices 0にしても画面が戻らない場合
Escキーを2回押す(メニューを開いて閉じる)と治る

 

何がまた思い出したら追記します

[Steam]スクリーンショットを直接Twitterにアップロードする方法

タイトルの通りです。
Steamのライブラリから、指定したいゲームを右クリックし
「スクリーンショットを表示」を選択してください。

1

スクリーンショットが表示されます。

2_fix

左下の「フォルダを表示」をクリックすると、エクスプローラーが開きます。

3

フォルダパスをクリックし、右クリックかCtrl+Cでコピーして下さい。

4

Twitterを開き、ツイートに添付したい画像を開く画面まで移動してください。

5

6

上のファイルパスを指定する場所をクリックし、Ctrl+Vでペースト(貼り付け)して下さい。

7

このようにスクリーンショットが表示されたら成功です。後は目当ての画像を選択し添付して下さい。

横浜支部の回線相性について

横浜支部の回線相性について

現在試合サーバー等のサービスを提供している本”SOV 横浜支部”ですが、回線の相性によるping差が激しいようです。

東京からの接続でも人によっては10ms、ある人は90ms等相性が激しい為一時サーバー貸し出しは保留とします。

大会用サーバーも同じく保留とし、代替として東京支部#2と大阪支部を設立予定です。