[CSGO]サーバーにカスタムファイルを導入する

ワークショップ非対応のカスタムマップや自作マップ・スプレーやSaySoundsが該当します。
マップやSaySoundsは通常のDLの数倍の速度でダウンロードさせる事が出来ます。
帯域制限にも対応しています。
マップは自動でダウンロードしてくれますがスプレー等はダウンロードさせるプラグインを別途用意して下さい(後日追記予定)。

サーバーの建て方目次
準備 #1
起動設定 #1.5
他人が入れる様にする #2
試合設定 #3
ワークショップマップ #4
カスタムコンテンツ,FastDLサーバー導入

 

—必要な物—

・ hfs HttpFileServer
・GOサーバー
・TCP80のポート開放
・そこそこのネット環境

hfsをダウンロードし、任意のディレクトリに保存してから実行してください。

hfs

任意の場所にダウンロードサーバーのフォルダを作成して下さい。

D:/CSGO_Server/FastDL
|–maps
|–materials
|–models
|–sounds

こうなるように作成し、hfsで右クリックメニューから”Add folder from disk”を選び
FastDLフォルダーを選択して下さい。

又は、ドラッグアンドドロップで追加し”Real folder”を選択して下さい。
rf

この状態で上に表示されてるアドレスにブラウザでアクセスすると各フォルダが見えるはずです。
上の画像の例だとhttp://192.168.11.16:2500/FastDL になります。(俺の例ですので他の方がアクセスしても表示されません)
また、URLの最後にスラッシュは不要ですので付けないようにして下さい。

hfs2

ブラウザでアクセスするとこうなります。
グローバルIPを確認し、そのアドレスからアクセスして見えたらファイルサーバー構築は成功です。
例:グローバルIPが123.456.789の場合
http://123.456.789/FastDLとなります。

ファイルサーバー構築に成功したらCSGOのカスタムコンテンツを追加していきます。
カスタムマップを追加する前に注意として、ファイルサーバーからダウンロードする場合は
ある制約があります。
bspファイル容量が149mbを超えている場合はFastDLではなく通常のダウンロードになります、
その為非常に低速になるので気を付けてください。

カスタムマップ追加についてですが、bspのみでダウンロードさせるのも高速ですが、
bz2という圧縮形式を使用するとより高速でダウンロードさせる事が出来ます。

hfs3
こんな感じです。
7zip等を使って圧縮し、”マップ名.bsp.bz2″という名前になるようにして下さい。
また、bz2が何かの手違いで認識しなかった時の為にbspは一応残してください。
無くてもbz2からダウンロードしてくれますが念のため。

もう一度ブラウザから確認し、追加できている事を確認したらGOサーバー側の設定に移ります。
hfs4

server.cfgを開いて以下の内容を追記してください。

sv_downloadurl “http://example.com/cstrike/”
sv_allowdownload 1

sv_allowupload 1

sv_downloadurlについては、mapsやmaterialsフォルダが置いてあるフォルダを指定して下さい。
また、グローバルIPでの指定にして下さい。

IPが123.456.789の場合で、

D:/CSGO_Server/FastDL
|–maps/de_obsession_r3.bsp.bz2
|–materials
|–models
|–sounds

このような構成の場合は、
sv_downloadurl http://123.456.789/FastDL
という事になります。

一度クライアント側のCSGO/mapsより該当マップを削除し、
GOサーバーに グローバルIP経由で接続してみてください。

hfs5

正常にアップロード出来ている場合はこのようなコンソールが出ます。
以上でカスタムマップの追加とファイルサーバー構築は終了です。
お疲れさまでした。

また、カスタムマップを追加する際はnavファイルも配置しておくことをオススメします。
この作業をしないとBOTの動きを指定するナビゲーションファイルの生成時間で1~2分サーバーが完全に固まります。
クライアント側のCSGOでマップを起動し、mapsフォルダに置いてあるde_obsession_r3.navを
サーバー側にコピーすれば完了です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です